スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサーサイト | │ - | - | by スポンサードリンク
IT企業の年収
ヒルズ族などで一気に世間にも知名度をもたらした時代の最先端のIT企業、凄い華やかに見え、テレビなどでは「年収○億円」と紹介されるエグゼクティブも多いため、何となく、そこで働いている人の給料はみんな高いと思えてしまう。
しかし、実際はそんなことはありません。そんな疑問に答えるべく、ORICON STYLEではリサーチを実施しました。

以下引用

IT企業に勤務している方に、正直に年収を申告してもらった。果たして、その実態は!?( ランキング表はこちら )※下段に掲載

 勤務している人、転職してきた人にリサーチを行ったところ、結果では、なんと、全体の24.4%の方は、年収が【300〜400万円未満】と答えている。これ、フツーの企業のサラリーマンと同じか、少し低いくらい。IT企業だからといって、全員が高給取り、というわけではなさそうだ。続く2位は【300万円未満】の23.8%という結果に。

 以下、年収額が上がるごとに順位は下がっていく。【400〜500万円未満】が14.6%、【500〜600万円未満】が13.4%・・・という形だ。もちろん【1,000〜1,200万円未満】より上の年収をもらっている方もいて、1.8%となっている。

 年代別に見てみると、40代の方が極端に二極分化していることがわかる。なんと【300万円未満】を選んだ方が25.0%でトップという結果に。しかし、その一方で、2位には【400〜500万円未満】と【500〜600万円未満】がともに12.5%で並んだ。他の世代ではトップとなった【300〜400万円未満】は4位。高低差が顕著に見られるのが40代の特徴ということがわかる。

(2006年11月22日〜11月27日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代社会人、30代、40代の男女、IT企業勤務者にインターネット調査したもの)


実際自分のIT関連企業とかかわりがありますが、システム開発会社さんなどはとても忙しそうで決して華やかなものではありません。
IT関連企業に転職を考えている皆様も今一度イメージを取っ払って考えてみてください。
IT企業の年収 | 17:47comments(1) | trackbacks(141) | by 渋谷区の転職
| 1/1PAGES |